カラコン 安全 構造

安全なカラコンの構造とは〜3種類の製造方法〜

安全なカラコンは製造方法で選びましょう。

ちょっとでも安全にカラコンを使うなら質が良いモノを選ぶことが大事

 

毎日使うものだからちょっとでも目に負担がかからないカラコンを使いたいのは当然ですよね。カラコンの質で一番大事なのは「製造方法」。ここでは皆さんに安全なカラコンを選んでもらうためにいくつかの製造方法をご紹介します。

 

安さ、可愛さも大切ですが目の病気になってしまったら意味ないですよね。種類によって装用感も変わってくるので毎日の使い方やお気に入りのカラコンから選んでもらっても良いと思います。


 

安全な造りのカラコンを選んで毎日快適に使いましょう。

3種類のカラコンの構造〜どれを選ぶかはあなた次第〜

一昔前までは色素面が眼球に触れたりで目の事故が多かったカラコン。そんな過去があるからこそカラコンの質は進化してきました。

 

ここでは質を重視した3種類の構造をご紹介します。

ラップイン構造

 

1枚のレンズに色素を流し込む製法。色素が直接目に触れない構造になっています。最近の主流でたくさんのカラコンにこの製法が見られます。

 

主なラップイン構造のカラコン 

 

ハニードロップス

 

ネオサイトワンデー


 

サンドイッチ構造

 

2枚のレンズで着色面を挟み込むのが特徴。2枚のレンズから作られているのでしっかりした造りになっています。こちらも色素が眼球に触れない様にがっちり閉じ込められています。

 

主なサンドイッチ構造のカラコン 

 

フォーリンアイズ


 

セレクトフェアリー

 

フルキャストモールド製法

 

サンドイッチ構造から進化した製法。1枚のレンズで色素を包み込む様に閉じ込めるので、薄くて着け心地が抜群です。

 

主なフルキャストモールド製法のカラコン

 

tutti(ツッティ)

 

ティアリーダイヤ


製法から見る使い方の違い〜カラコンをより快適に使う方法〜

造りや着け心地で選べばより安心して使うことができます。

 

どの製法のカラコンも安全ですが、使い方によってより快適に安心して使うことができます。

 

特に目に負担がかからないようにするならラップイン構造フルキャストモールド製法のカラコンが便利。共に1枚のレンズでのカラコンなので薄く着け心地が良いです。

 

ただし薄いのでそれだけ破損しやすくなります。傷つくと中の色素が漏れだす恐れがあるので取り扱う際は慎重に。違和感を感じたなら大人しく新しいものを使いましょう。


逆にハード系のレンズでも目が痛まない、1日の装用時間がそれほど長くないという人にはサンドイッチ構造が便利。しっかりした造りなので扱いやすいのと、1ヶ月タイプが多くコストパフォーマンスが高いのが特徴。自分でしっかりケアできるなら清潔に使うことができます。

 

デメリットとしてはラップイン構造などと比べ着ける際に人によって違和感を感じやすくなること、レンズが2枚と少し厚くなるので酸素透過度が低くなり目が疲れやすくなるということです。

 

 

☆まとめ☆

どの製法のカラコンも安全だが着け心地を優先するならラップイン構造かフルキャストモールド製法。ハードレンズで取り扱い易い、目が痛くならないので価格を重視したいならサンドイッチ構造のカラコン。をそれぞれ選ぶと快適に使えます。

 

酸素透過度とは

その名の通りどのくらい酸素がレンズを通るかで、薄い方が透過度は高くなります。酸素が多く通るとその分黒目に酸素が行き渡り目が疲れにくくなります。レンズが厚くて自分に合わない物をつけていると結膜炎などの眼病になるので注意が必要です(BCの問題もありますが)
酸素透過度はカラコンの紹介分には書かれていないのでわかりにくく、また具体的に数字で書かれていてもなかなかイメージできません。ですが医療機器承認番号持ちのカラコンなら基準を全てクリアしているので安全です。薄い方が空気が良く通るくらいのイメージでOKだと思います。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加